このゲームは選択式の私語りアドベンチャーゲームです。
主人公ナオの心情、言動を選択することにより、ゲームが進んでいきます。
最終的には、主人公ナオの「幸せ」を探していくことになります。

あなたのナオは何処へ行くのか―――――

「檻の中のわたし」がフルボイスでDVD-PG化
トールケース、描き下しパッケージで発売します。
■製品紹介
 
ジャンル 私語りAVG
対応OS Win98/2000/Me/Xp
原画 ゆきみだいふく
シナリオ 武藤礼恵
発売日 2003/5/15
価格 4,800円(税別)
5,040円(税込)
CPU P-166MHz以上
HDD 200M以上
メモリ 64MB以上
解像度 640*480
DirectX 必要
メディア DVD-ROM(8倍速以上)
種別 18禁

▲TOP
■キャラクター紹介
被虐心という看板を背負っている少女。
不思議なことにどんな人間でも彼女を虐めずにはいられない。
ただ、彼女と同じように被虐性を秘めた者だけは別です。
彼女の性格は一人称で展開されていく中で徐々に消化され、表現されていきます。
嵩邑 ナオ
たかむら なお

 
彼女は彼女で自分の立場を確立しているキャラクターです。
その場所に主人公・ナオがやってきた……
異分子の排除というのが最初の目的になるでしょう。
嵩邑 佳織
たかむら かおり

作品の途中で同じ様な境遇、いやそれ以下の境遇にある者を憐憫するか、
おとしめることで自分の立場を持ち上げるか……
そんな感じになるある種、悲劇的なエンディング。
羽田 百合絵
はた ゆりえ

 
いじめキャラクターである彼女の描き方は他でもない、サドとしての彼女です。
しかし、義姉や義母と同じく、「サドは常にマゾと依存する」ということで、彼女もナオを求めている人物になります。
それでも彼女の場合はどうしても他人です。他人であるが故のジレンマというものが彼女の中にはあると考えております。
白金 双葉
しろがね ふたば

▲TOP
■イベントCG紹介
▲TOP