本タイトルに関しては、その権利を他社に譲渡しました。
弊社より販売された商品につきましては従来通りサポートをいたしますが、
他社より発売されました商品につきましては、該当の会社宛問合せ願います。
―――古文書に書かれた天使に心奪われたのは、まだほんの子供の頃だった

『深蒼の夜 上天に満月が掛かる時 翼の子は生まれ出でる』

『4大の力に育まれ 己の羽を開花させ 天魔は羽ばたき世界へと還らん』

 伝承が本当のことなのかどうか 自分の手で確かめたかった。

 だから百数十年に一度という その特別な夜を待った。

 天魔が羽ばたき 夜空をかける その美しき姿を目に焼き付けんが為に

                       ―――そして、その娘はそこにいた



 この古い日記を見つけたのは、10年前の事だった。

 私の曽祖父が書き記したものだ。

 日記に書かれている、天魔の娘との日々。羽根を開花させ、成長していく――――

 最後の方のページは抜け落ちてしまっていたが、それは大変興味深い内容だった

 私は、10年の間研究を重ね―――――

 ついに天魔降臨に相応しい、その夜に辿り着いた。

 深蒼の空。満月の夜。

 月明かりは美しく、その秘密の湖を映し出している。



 己の羽根を開花させ、成長した天魔の娘はどうなったのであろうか?

 天魔の娘に、禁じられた恋を見出した曽祖父は、どうなったのであろうか?

 それは日記からは読み取ることができなかった、物語の結末。

 その結末を知るために、私はここまで来たのであろうか?



 そんな私の考えを打ち消すように、湖に光の柱が立ち昇る。

 頭の中の靄が、一気に晴れていった。

 そう、私は見たかったのだ。曽祖父の愛した天魔の娘を。

 気高く、美しい、その天魔の姿を。



 光の柱が立ち上る湖の中へ、私は足を踏み出した。

 空から1つの光の珠が降りて来る。

 光の珠に触れようと、私が光の柱へと近づいた途端――――

 光は霞んで、二つに分かれ―――――
                      
 
                     ――――そして、天魔の娘達はそこにいた 

ルーン・ケージ SOFTストア|Fifth -TWIN-:RUNE
公式ダウンロードストア
■製品紹介
 
ジャンル AVG
対応OS Win95/98/2000
原画 野々原 幹
シナリオ 猫舌あち
発売日 2000/8/25
価格 8,800円(税別)
9,240円(税込)
CPU P-166MHz以上
HDD 200M以上
メモリ 64MB以上
解像度 640*480
DirectX 必要
メディア CD-ROM(4倍速以上)
種別 18禁

▲TOP
■キャラクター紹介
エナ

 
リナ

ユウ

▲TOP
■イベントCG紹介
▲TOP